都会と郊外の狭間暮らしの父親日記

東京駅界隈まで電車で片道約35分、車で片道約35kmに位置する微妙な都会 八千代緑が丘に住む1人の父親の気まぐれな日記です。

2歳児クラスへ進級

今月から娘はリュックを背負って登園してます。

f:id:moomjf:20190413103336j:image

1日の保育園生活のなかで使うタオル、エプロン、着替えなどをリュックに詰め込み毎日元気に出掛けてます。

 

保育園に到着次第、今まではお父さんかお母さんがエプロンと着替え袋をそれぞれ所定の籠にいれ、娘は靴と靴下を脱いで下駄箱に入れ、タオルが渡されるのを待ってるだけでした。

 

しかし、2歳児クラスに進級してからは、リュックからタオルを取り出し、エプロンと着替え袋を所定の籠にいれ、最後は棚の自分のスペースにリュックをしまう。という、一連の所作が出来るようになりました。

 

まだまだ時間がかかる時もあります。

でも、確実に着実に一人で出来ることが増えており、娘の成長を目の当たりする度に嬉しく思います。