都会と郊外の狭間暮らしの父親日記

東京駅界隈まで電車で片道約35分、車で片道約35kmに位置する微妙な都会 八千代緑が丘に住む1人の父親の気まぐれな日記です。

娘を迎えに

今日はオフィスを16:30に出て、保育園にダッシュで娘を連れて迎えに帰ります!

 

何とか週一回は平日でも娘とある程度の時間を過ごしたいものです。

 

 

大戸屋の素晴らしい取り組み

久しぶりに新丸の内センタービル3階の大戸屋に行ってきました。

 

店内が改装されており、何やら小洒落た感じになっていました。そして、何よりも驚いたのはセルフサービス化が大分進んでおりました。

f:id:moomjf:20180611081125j:image

これらを利用すれば、入店〜退店までで店員とのコミニュケーションは料理を運んできてくれる1回で済みます。

 

タッチパネル式のセルフオーダー端末はご飯の種類や量を選べるだけでなく、デザートを運ぶタイミングも食前、食事と一緒、食後など選べました。

 

ルフレジもクレジットカード利用可能は有り難い。電子マネー決済のみの端末はよくあるのですが、クレジットカードを利用できるのは珍しいと思いました。端末とセンターのクレジットカード決済の通信スピードも予想以上に早く、一切のストレスを感じずに支払い処理を終えました。

 

個人的な改善ポイントを強いて挙げるなら、レシート印刷の有無を選べると嬉しいですね。余計な紙を受け取らずに済むし、エコです。

 

ちなみに、滞在時間40分程度の間でセルフレジを利用したのは私のみでした。。。確認する限り、他5組くらいは有人レジで馴れ親しんだ会計を行なっていました。

31歳アメリカでホームスティ

今日は中高の同級生と久しぶりに集まりました。仲間内の1人が、31歳既婚子無しで来月からアメリカ暮らしが始まるらしいです。

 

f:id:moomjf:20180606230226j:image

 

もう、バーガーキングを始めとするファストフードが主食となること間違いなし。

 

最短2年、最長7年のアメリカ滞在予定らしく、運動を怠ればきっと立派な体型になることはお約束されてます。

 

写真はキャンペーン中につき、ポテトMが¥110で買えました。わずか$1。日本における外食のデフレ具合を確認しました。

 

通りかかったら、また来ようと思うお店

神泉から渋谷へ移動中の道玄坂沿いで美味しいカレー屋を見つけました。

f:id:moomjf:20180524193733j:image

お店に入ったら特にこのイラストに似た訳ではない、店長?っぽい方がいました。

f:id:moomjf:20180524193843j:image

これで¥980。そして、調味料の種類が豊富で小躍りしました。

f:id:moomjf:20180524194013j:image

もしこのお店の前を今後通りかかる事があれば、また行きたいと思うカレー屋でした。

 

肉の買い過ぎはもうしない

今日は21時に帰宅して、今週平日に食べる作り置きメニューとして、カレーとしぐれ煮を作りました。

f:id:moomjf:20180522234902j:image

また、娘用には鶏肉とひじきのハンバーグを作りました。(写真はその材料)

f:id:moomjf:20180522234943j:image

日曜日に飯山満の肉屋で購入した、牛肉、豚肉、鶏肉を何とか消費期限内に使い終えて寝るとします。

 

給食試食会

娘が通う保育園での給食試食会に妻と参加してきました。

f:id:moomjf:20180519233654j:image

お父さんが参加している家族は3割くらいでした。

 

栄養士さんと保育士さんは、園児約20人分のお昼ご飯を朝9時から調理し始めて、11:30に各年次毎に分けて提供してくれるようです。

 

今日の献立は、ご覧の顔ぶれです。

f:id:moomjf:20180519233713j:image

と、豪華な顔ぶれで娘もほぼ完食してました。

味付けは薄味と言いながらも、大人も抵抗なく食べることができ、美味しかったです。

 

試食会とは関係なく驚いたのは、室内にもかかわらず帽子を被ってる親が3人もいました。

別に炎天下の下で野球をやってるわけではなく、室内ではご飯を食べてるのに帽子を被る親には呆れました。

保育園側の厚意で試食会を開いて、親の分まで食事を用意してくれて、丁寧に食育について語ってくれる保育士さんに文字通り脱帽しろ。って感じです。

 

試食会の後は食後の腹ごなしに散歩をして、近くの公園までいきました。

f:id:moomjf:20180519235653j:image

保育園でしっかり栄養を取り、友だちと沢山遊び、娘がすくすく成長してくれて嬉しいです。

 

 

 

 

社会人10年目の男たち

社会人10年目ともなると、学生時代の友人は自分の仕事の事を各々語れるようになっていて面白い。

 

大学の友人の結婚式で集まったメンバーは、不動産、海運、小売と普段の仕事上では接点を得ることが珍しい業界にいて、それぞれの話しが新鮮でした。

 

f:id:moomjf:20180513000709j:image

 

写真は尊敬する経営者である日本電産永守さんの言葉からの一言です。

自戒を込めて、この言葉を胸に働きたいと思います。