都会と郊外の狭間暮らしの父親日記

東京駅界隈まで電車で片道約35分、車で片道約35kmに位置する微妙な都会 八千代緑が丘に住む1人の父親の気まぐれな日記です。

三連休の初日はアンデルセン公園にチャリで来た話

そう言えば先日の連休初日は初めてアンデルセン公園に行ってきました。

 

気温35℃くらいの中、妻と娘はママ友の車で颯爽と朝9時過ぎに出掛けて行きました。

 

僕は炎天下の中、チャリで25分くらいかけてたどり着きました。

東京ドーム約6個分という広さの公園の中央あたりには、シンボルの風車がありました。

f:id:moomjf:20180719073647j:image

 

ちなみに、入園料は大人900円です。2歳の娘は無料でした。

森の中のアスレチックやローラーコースターなどの巨大な遊具、水遊びができる屋外プールなど小さい子供にとっては最高に楽しめる場所だと思いました。

 

2歳ちょっとの娘も小さな子供が遊べるエリアで水遊びや謎のトカゲ?の遊具などで楽しんでました。

 

f:id:moomjf:20180719074757j:image

ただ、あまりの暑さに屋外で遊び続けるのは断念し、室内遊びに切り替えました。

写真はブロックで夢中に何かを組み立てる娘

f:id:moomjf:20180719074233j:image

 

勿論帰りもチャリで1人で25分かけて帰りました。もう夏場にチャリで行くのはやめにしますが、良い公園なのでまた家族で行きたいと思います。