都会と郊外の狭間暮らしの父親日記

東京駅界隈まで電車で片道約35分、車で片道約35kmに位置する微妙な都会 八千代緑が丘に住む1人の父親の気まぐれな日記です。

満員電車で有意義な時間を過ごすコツ

タイトルについて考えている時点で残念であることは分かっております。

 

満員電車に乗らずに快適に通勤することが、幸せなのは言わずもがなです。

しかし、都内近郊に在住のサラリーマンにとっては満員電車に乗らなければいけない場合も多々あります。

 

本日は(自分も含めて)そのような方々に少しでもラッシュアワーの通勤電車の中で有意義かつ快適に時間を過ごせるようなコツをお伝えします。

※着席できない前提です。

 

身体

ベストポジションは、ずばり車両の連結部のドアに背もしくは肩を付けることができる位置です。つり革も掴まないで済みますし、左右前後からの圧力にも悩まないで済みます。

 f:id:moomjf:20180223001840j:image

※ポジショニングイメージです

 

Bluetoothのワイヤレスイヤホンを装着しましょう。外界のノイズからシャットアウトし、自分の世界に没入しましょう。音楽を聴くのも良し、ポッドキャストやラジオを聴くのも良し。

 

口元

マスクをしましょう。特に風邪やインフルエンザの流行時期には感染予防の効果があります。

外界のおっさん臭い空気からシャットアウトアウトしましょう。

 

瞳を閉じることも大事です。もちろん、文庫本を読むなど活字に触れる絶好のチャンスです。

文庫本を片手で読めるスキルを身に付けておくと尚良しです。

 

 つらつら書きましたが、なんと言っても正解は満員電車に乗らないことです。